トップイメージ

破産認可を受けた際どういう類の損失、デメリットがあるかは考えた人達にとって間違えなく最初に欲しいデータに違いないでしょう。

ここで自己破産宣告者の受ける不便についての項目を箇条書きにします。

・公的機関の破産者の一覧に記載されます。

※正式な身分書を作るためのデータですので担当者以外は見ることが不可能ですし免責の承認がおりれば消されます。

・官報上で周知される。

※市販の新聞とは別でほとんどの本屋では置かれていないですし、ほとんどの方には関係のないものだろうとと考えられます。

・公法上における資格の制限。

※自己破産者になるとCPA、代書人、税理士などといった資格を持つ人は資格喪失になってしまうので事業ができなくなります。

・私法におけるライセンス制限。

※自己破産者は成年後見役、保証人、遺言実行役などになることが許されません。

そして合名会社、合資企業の労働者それと株式形式の会社、有限企業の取締担当、監査クラスの場合、退任事由とされてしまいます。

・カードローンやカードを使うことができなくなります。

また、破産管財人が関わる事件については次の制限も加わります。

・破産者自身の財産を独断で保持、放棄することが許可されません。

・破産管財係や債権保有者団体の請求により適当な応対をしなければなりません。

・法の許しをもらわずに自宅の変更や旅をしてはいけなくなります。

・緊急であると許可するケースには体を拘束される場合もあります。

・郵便物は破産管財人に配達されることになり破産管財担当者は送られてきた配達品を開封できます。

上記以外の自己破産人の困難に関して、間違われている要点をリストにしておきました。

1戸籍文書および住民データには入力されません。

2組織は破産したことを根拠として解雇することは認められません。

※原則的に自分から口にしないかぎり分かることはありません。

3投票権や選挙に立候補する権利などの公民の権利は奪われません。

4連帯保証人ではないなら家族には代返理由は認められません。

5必要最低限の生活に欠くことのできない家財道具(ノートPCテレビなどを含め)衣服などは差し押さえないです。

困難に関する項目をあげました。

破産申請をすれば借金は無かったことになるとはいえども今まで挙げたデメリットもあります。

破産申請を考慮する上で効果も不利益考えた方がよいといえます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.theatresupportsys.com All Rights Reserved.