トップイメージ

外為取引ビギナーが為替相場の大切なところを見つけるには、取引を重ねていく事が大切である。税理士 大阪 安い

特に、事前にリスクを感づくようになるようになるには負けをすることも重要です。モバコイ

言うまでも無く、マイナスになるといってもやり直しが効かないほど大きな損をする事は話になりません。

取り戻せるぐらいの失敗を何度か重ねる事が結果的に自分のレベルを上げてくれます。

こう考えると初めは少ない資金で売り買いをして、それによって何度か取り返しが付く間違いをすることが大切です。

仮に、100万円だけしか投資できない場合、全部つぎ込んで注文するとミスした時永遠に立ち上がれなくなってしまうリスクがあります。

それよりは、ひとつの例として10%ずつ分割して注文してこれで買ったり負けたりを体験した方が、損を埋め合わせる手法なども身についていくはずである。

まず最初にわずかなお金で売買する事の有益なところは既出の通り、取引経験を増やし、負けを制御する方法を学んでいく事にありますが同時に、トレードの回数を多くする事で偶然性を少なくできるという長所もあります。

例として、1度限りの取引で勝てる確率が5割だとしよう。

ということは、同じく5割の確率でマイナスになるリスクもあるということになります。

勝率50%ということは半々の率でプラスになる事を意味しています。

だがしかし、全ての資金を使って1度だけの勝負をするということは勝つか、負けるかのいずれかになってしまいます。

そのままではたんに賭博と同じです。

要するに、全ての財産を投入して1度しか取引をしないとこの分だけ負けるリスクが高くなります。

これを回避するために、投資資金を1回に全部賭けるのではなく少しずつ分けて機会を積む事がリスクコントロールとなります。

ただし少しずつ分けたとしてもすべてに儲ける事は不可欠ではありません。

というか、全て勝つことは出来ないのが本当のところです。

投資で肝心なのは勝った回数ではなく、どれだけ儲けるかです。

勝率が2分の1でも仮に勝率3割でも儲かる時は儲かります。

負ける確率が高くてもその収益が少しであればわずかな勝ちの儲けでかなり儲けられる。

それには、損失を少なく、利益を大きくを気をつけておくことです。

損したら直ちにロスカット注文して反対に勝った場合はなるべく大きくプラスにする事が外為初めての方が為替で成功する神髄です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.theatresupportsys.com All Rights Reserved.